朝礼ネタと安全 | 安全スローガンと標語

朝礼ネタと安全 | 安全スローガンと標語 記事一覧

朝礼のスピーチとネタ



スポンサードリンク

朝礼のスピーチは職場によっては毎日のことであり、時にネタに悩むこともあるかと思います。臨時雇用でお世話になったことのある建築現場では毎日ほとんど同じような話で、異なる内容はその日その日の作業の段取りのみ。中心者のスピーチが終わるとさっそく安全スローガンの唱和になるのですが「マンネリズムを感じざるえない」状況でした。同じスローガンを唱和するにしても、事前のスピーチに感じ入るものがあれば新鮮な安全スローガンの唱和になったことでしょう。

建築業の朝礼

建築業の朝礼、とりわけ屋外の現場の空き地で行われる朝礼には、所属企業が異なる従業員(職人さんなど)が多く参集します。このような朝礼の場ではとにかくその日一日の統制を図ることが求められますが、同じ会社の従業員であれば少なからず心理的にも協調性が望めますが、いわば経済的な利害での繋がりが否めない者同士の職場では、いかに協調性を引き出して統率に結びつけるかが大きな課題となります。

まずは協調性を引き出すための仲間意識の創出ということだと思います。そのためには、男性の多い現場であるとは言え、命令口調は避けたいものです。凛とした話の中にも、時に聞く方の口元がほころぶような話題が盛り込まれると良いかと思います。口元がほころぶ瞬間には、その人の心は明らかに開かれている時と見て良いと思います。そこに当日の業務の目的を注ぎ込めば、使命感さえ誘発させることが可能です。

朝礼ネタの建築業向け

朝礼でためになる話をしようとか、日ごろから雑学を詰め込もうとか思い悩み、また困り果てるということは、朝礼のスピーチの担当者としては誠実な姿勢だと思います。これが建築業界の人であれば、業界関連のネタや話題を提供しようとして、ますます縛られて苦境に追い込まれることもあるのではないでしょうか。

建築業に限ったことではありませんが・・建築業の朝礼での話題は、身近に直面する業務上の指示が最低限盛り込まれていれば良いと思います。そして、それ以外の部分に時事や時候に関係する皆が良く知る話題を付加して、その話題に手を加えたり若干ひねったりと、手軽な工夫を施せば良いと思うのです。むしろ、この部分に関しては建築業から遠く離れた話題の方が良いかも知れません。こういった工夫に中に、聞く者の心をリフレッシュさせるカギがあると思います。

朝礼ネタ NAVIページへ←朝礼のスピーチとネタ
朝礼のスピーチとネタ

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 朝礼ネタと安全 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます