思いやり座敷椅子や恋愛に学ぶスピーチの姿勢 | 安全スローガンと標語

思いやり座敷椅子や恋愛に学ぶスピーチの姿勢 | 安全スローガンと標語 記事一覧

思いやり座敷椅子や恋愛に学ぶスピーチの姿勢



スポンサードリンク

思いやり座敷椅子という商品があります。最近ではバージョンアップした「いたわり座椅子」も登場しているようです。この思いやり座敷椅子、従来の座敷椅子と違う点は、背もたれとひじ掛け付きで、立ち座りが楽・座面と足入れ口の幅はあぐらもゆったりかける広さ、と言った点にあります。座面の高さも3段階調整が可能で、新バージョンでは、組立易さが向上したと言われます。これで思いやり座敷椅子はさらに販売数を伸ばしています。

思いやりと人間関係の場

思いやり座敷椅子はまさに、ユーザのニーズを考えて作られた商品であり、その姿勢そのものが商品名になった通販の逸品と言えましょう。この思いやりとかいたわりは人間関係に必須で、特に恋愛中は自然の内に発揮される心ではないでしょうか。朝礼やスピーチがなされる現場も、一つの人間関係の場であり、思いやりやいたわりの心が不在ですと空転の憂き目に遭うことになります。

人間関係といたわりの心

人間関係の場として、せっかくお世話になる職場のこと。自分の仕事への思いやり、同僚や職場そのものへの思いやりをもって、日々の業務に臨みたいものです。職場を生活の糧を得るためだけの場所と決め付ける人にとって、このことは理解し兼ねることのようですが、人生という時間の多くを費やす「職場」であることを考えると、より良き人生のあり方の中で、このことは重要なことだと思います。

そして、思いやりの精神的な基盤から、いたわりの心が芽を出し、育っていくものと考えます。こういった人が徐々に増えることで、労働安全衛生の「ソフト部分」が醸成されていきます。労働安全衛生の環境とは、何も、企業に一方的に要求するものだけでなく、従業員自身が作り上げるものでもあるのではないでしょうか。こういった労働安全衛生にかかわる意識が、より必要とされるのが上司・管理職・経営陣であることはいうまでもありません。

労働安全衛生と経営陣のスキル

人間、喉下過ぎれば熱さを忘れ・・と言われます。あたりまえのことではありますが、管理職・経営陣にあっては、常に現場直結の意識からスタートして頂きたいと切に願うものです。恋愛中の相手に対する所作や「思いやり座敷椅子」の成功は、規約を遵守するという事務的な所作のみでは不可能であると思えてなりません。管理職・経営陣の場合、スキルをきつく要求されるシーンが従業員に比べて少なくなってきます。しかし、企業や団体の存亡を決するスキルは常に「世の中」から突きつけられているのです。そして、労働安全衛生に関するスキルこそ、「城」を厳護する最大のスキルであると申し上げたいと思います。

朝礼ネタ NAVIページへ←思いやり座敷椅子や恋愛に学ぶスピーチの姿勢
思いやり座敷椅子や恋愛に学ぶスピーチの姿勢

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 思いやり座敷椅子や恋愛に学ぶスピーチの姿勢 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます