家電アドバイザーとは【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語

家電アドバイザーとは【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 記事一覧

家電アドバイザーとは【朝礼ネタ】



スポンサードリンク

家電とは言うまでも無く家庭用電気製品のこと。テレビの通販番組が昼夜深夜を問わずに放送されている昨今、通販各社はしのぎを削って連日の売り込みを展開しています。そこにも新たな家電や人気の家電が、これもまた連日のように登場して、消費者の財布の紐をゆるめている状況です。

家電リサイクル法の制定で、使えなくなった家電製品の部品や材料の再利用が効率化するようにはなりましたが、未だ使えるのに捨てる・・使い方の誤りで家電の寿命を縮める・・簡単に修理できるのに買い換える・・等々、エコ社会に反する動きが、特に購入衝動に走りやすい家電について顕著であるようです。

こういった事態を改善してよりよいエコ社会の構築に寄与しようというのが、家電アドバイザーであり、これは資格制度になっています。業界人の必須の資格であるだけでなく、家電芸能人のオタクぶりがプロ顔負けの昨今、時代が必要としている資格が「家電アドバイザー」であるのかもしれません。

家電アドバイザーの資格制度
http://aeha-nintei.com/shikaku/index.html

家電について確認

家電アドバイザーにならずとも、筆者も含め、あまりに家電に無知な方もいらっしゃるので、簡単に家電について。

家電とは家庭用電気製品のことで、白物家電と黒物家電が存在する。白物家電とは、 冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・炊飯器などの普及当初に白い塗装がされていた家庭用電気機器のこと。黒物家電とは、テレビ・レコーダー・カメラなどの娯楽を提供してくれる家庭用電気機器で白物に対して黒物と命名されている。

実は先日、妻の要望で『ヨナナスメーカー901』を購入しました。フローズンデザートを作る電気機器です。これはあきらかに白物家電だと思います。

日本の家電は世界に冠するキラーコンテンツともいうべき優秀な技術で作られています。お金を出せばいくらでも凄い調理器具が存在します。家電に凝ると際限がありません。こんなところにも、家電アドバイザーの必要性が高まっているのかもしれません。

朝礼ネタ NAVIページへ←家電アドバイザーとは【朝礼ネタ】
家電アドバイザーとは【朝礼ネタ】

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 家電アドバイザーとは【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます