感動する重要性【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語

感動する重要性【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 記事一覧

感動する重要性【朝礼ネタ】



スポンサードリンク

感動する、感動できるという心があり続けるということは大切なことです。何も職場で仕事に感動せよと言っているのではありません。普通に「感動できる心のコンディションにある」ことが大切であるということです。

心を閉ざさざる得ない環境に居ると感動する心も無くなってきます。いわゆるストレス過多に陥ってうつ病を発症・・・といった悪いパターンです。

感動できるということは、人間が人間たる所以です。せめて職場は、従業員の日頃の、自発的に感動できる心を損なわない配慮が重要である、ということを朝礼ネタとして提示したいと思います。そこで、感動する、ということについて、以下に論及致しました。

感動するということについて

以下は感動するということについて、なるほどと思った文書を私なりに要約したものです。

◆映画などの鑑賞で期待どおりに感動できた時、それは期待が満たされた安心によって感動するということ。

◆反対に予想外の展開にも人は、新発見による感動をする。

◆芸術性や普遍性の高い映画などに接して人は、直感的に感動する場合があるが、これには個人差がある。

◆一つの専門分野に精通すると、他の未知の分野にも好奇心が旺盛になっていく。これは、対象の本質を知ることで感動するということ。

◆表に対して、自身の心を閉ざざる得ない環境にあるとき「何も感じない」「感動しない」という精神状態になることがある。

◆加齢によって経験値が増えると感動する対象が減るように思うがそうではない。物事の本質に目を向け、見方を変えれば、世の中には未知の魅力がいくらでも存在する、ということがわかっていくことが加齢による真の経験値の増大である。

感動は自らが創造しゆくもの

ネット文化の進行で、感動が簡単に手に入る世の中になりました。受身の状態で、様々な心動かす情報を手に入れることができます。ゲームに熱中する方々もまた、日々感動を手軽に入手している人の例でありましょう。ところが、直面する現実の中に、どれだけの感動を得ることができているでしょうか。

現実に一つのことに打ち込んで精通していく。実在する対象をより深く知っていく。そういった努力がないと、人生の経験値は増えてはいきません。怠惰は感動に反するマイナス要素を心に育むのです。自らが感動を創造しゆく人生。これほど素晴らしいものはありません。

朝礼ネタ NAVIページへ←感動する重要性【朝礼ネタ】
感動する重要性【朝礼ネタ】

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 感動する重要性【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます