蚊刺されの痒み止め最強ノウハウ【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語

蚊刺されの痒み止め最強ノウハウ【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 記事一覧

蚊刺されの痒み止め最強ノウハウ【朝礼ネタ】



スポンサードリンク

いくら文明が進んでも、ハエ・カ・ゴキブリは無くなりません。どれも害虫ですが、人体に直接危害を加えてくるのがブーンと来てチクリと来る蚊の存在。

蚊に刺された後の痒みとその不快感には我慢出来ないものがあります。痛みの場合、慣れというものがありますが、蚊刺されの痒みには慣れるということがありません。それでも我慢していると、当初の痒みは拡散するのですが、刺されたところを見ると、腫れが大きくなっていたりします。あるいは、重い痛みを伴った痒みに変化してしまったりして、とても何かに集中できるような状態ではありません。

これは万人が経験するところの不快感で、その解消に、蚊刺されの薬が昔からたくさん売られています。虫刺されにキンカン、ムヒ、ウナコーワクール等々。貴方はこれらの薬ですぐに痒みを解消して快適な状態に戻ることが出来ているでしょうか?

実際のところはどうか?それは、クスリを塗ったすぐ後はスースーして気持ちが良いのですが、スースー感がおさまると、また痒くなる、腫れもひくが完全ではない・・。結局はそういうことではないでしょうか。蚊刺されの痒み止めの薬で決定的に効くものは無い。そう断言しても良いのではないでしょうか。

蚊刺されにセロテープと水絆創膏が効く

かく言う筆者は蚊刺されの痒み止めにはセロテープが一番と主張するものです。蚊に刺されたところにセロテープをピッタリ貼って小一時間もすると、まずは完全に常態に復します。母も私と同じセロテープ信者。ところが妻や子供たちは信じないのでけして実行しません。

蚊刺されにセロテープとは、昔から言われる裏業なのですが、実践する人がなかなか増えないようです。なぜでしょう・・・。

裏技紹介の某情報元では、セロテープの代わりにマニキュア液を推奨しています。要は、蚊に刺された部分を空気から遮断することに意味があります。そこで私は、もっと実用的な水絆創膏をおすすめします。水絆創膏とは、アカギレに塗る透明な液体でじきに乾いて透明な膜を張る、あの薬です。ウナコーワクールを塗ってフーフーする時間があったら、水絆創膏を塗ってフーフーした方が有効です。

思えばセロテープも水絆創膏も文明の利器。人類と蚊刺されの痒みとの戦いは古代からあったに違いなく、現代文明の利器が薬より有効な武器となって現れたかの観があるのですがいかがでしょうか。

こちらに裏技が紹介されています。やはり【セロテープを貼る系】が最も実際的かも。

蚊に刺された“かゆみ”をとる裏ワザ
http://matome.naver.jp/odai/2134197462106784701

朝礼ネタ NAVIページへ←蚊刺されの痒み止め最強ノウハウ【朝礼ネタ】
蚊刺されの痒み止め最強ノウハウ【朝礼ネタ】

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 蚊刺されの痒み止め最強ノウハウ【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます