朝の一言が言えない【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語

朝の一言が言えない【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 記事一覧

朝の一言が言えない【朝礼ネタ】



スポンサードリンク

朝の一言の筆頭はやはり『おはようございます』ではないでしょうか。朝の一言ネタ集や朝礼ネタの例文の筆頭にはあえて掲載されない、それでいて朝礼の挨拶ではあたりまえの『おはようございます』が、実は言えない大人が多いという事実に驚かされます。

私の勤務先の通用門の前では毎朝、警備員さんが立哨していて、通用門を通過する社員や従業員に対して、元気良く「おはようございます」と声がけをして下さっています。

これに対して、声をかけられた方は様々。完全に無視する人。冷笑を浮かべる人。元気に「おはようございます」と返事を返す人や小さな声でつぶやくようにする人。などなど・・。

朝の一言と言うと、朝礼での一言や、朝礼ネタとしての一言の準備を思い浮かべる人が多い昨今。肝心の朝の挨拶である『おはようございます』が言えない社員に、まともな朝礼スピーチがはたして出来るものでしょうか。

朝の『おはようございます』は小学校でも学ぶこと。否、未就学児童が家庭でも学ぶべき、社会人としての基本中の基本ではないでしょうか。

私は人事の人間ではありませんし、心理学の専門家でもありませんが、『人物・人材の評価』という観点で、警備員さんの「おはようございます」に対する『反応』の中に、その人の人格というか人間性が大きく反映されているように思えてなりません。新入社員の方々も最初は元気に返事をしていたのに、数ヶ月もすると「無言」なる人もいます。

たかが警備員さん・・と無視しても自分の仕事に影響無いと思う人。ひたすら朝から「ウザイ」と思う人・・等々、そういった内心が如実に垣間見えてしまう朝の通用門は、ある意味、人生のエアポケットかも知れません。

いくら仕事ができる、優秀である、との評価が高くとも、私見で恐縮ですが、通用門での『おはようございます』が出来ない人は、もし私が偉い立場であればけして重用はしないでしょう。

経営陣の方々はこの事実を知っているのか知らぬのか・・。一般社員がこの事実を朝礼のスピーチでネタにするとかなりのリスクがあるかもしれません。影響力のある偉い立場の人に朝の一言として、朝礼などで言っていただける機会があればと思っています。

朝礼ネタ NAVIページへ←朝の一言が言えない【朝礼ネタ】
朝の一言が言えない【朝礼ネタ】

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 朝の一言が言えない【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます