朝礼ネタ 営業と販売(売れる商品を企画・アピール) | 安全スローガンと標語

朝礼ネタ 営業と販売(売れる商品を企画・アピール) | 安全スローガンと標語 記事一覧

朝礼ネタ 営業と販売(売れる商品を企画・アピール)



スポンサードリンク

商品が売れたのか売ったのか、いわゆる営業努力でさばいたのか、商品力がものを言ったのか判断が難しいということを、前の記事で述べました。

最終的には、顧客が商品のどこに魅力を感じて購入に至ったかということの掌握が肝心で、それには、市場調査(顧客の反応)、アンケート調査などが重要になってきます。そして、その結果を受けて、さらなる営業活動が展開されることになるでしょう。

しかしながら、顧客の反応で自らの商品の魅力を知るばかりでは、後手後手過ぎる話で戦略的とは言えません。これこそ売れる商品であると、自信をもってアピールしていくことが求められます。要するに、売れた商品・売った商品ではなく、【売れる商品】を扱っていくということです。

売れる商品(ヒットさせる商品)をどう生み出していくか。そこで必要になってくるのが「商品企画」です。

この商品を売れるようにしたい、あるいはそのように改良したい、ないしは売れるものを開発したい。そして、その商品のアピールポイントをどう抽出して顧客に売り込んでいくのか。そういったことが商品企画であり、企業の大小・個人経営に関係なく必要かつ求められる企画と言えます。

朝礼ネタの要旨

商品の売上には、営業・販売努力で売った商品と売れた商品が存在するが、戦略的な行き方としては、売れる商品を企画して、営業と販売部門で積極的にアピールしていくことが求められる。

商品企画における、商品のアピールのノウハウには深いものがありますが、シンプルかつ差別化ということを意識して考えていくことが重要であると言います。以下のサイトをご参考にされてください。

【ヒットの法則】 売れる商品が生まれる企画 おぼえておきたい 6 つのステップ
http://switchdec.com/planning-to-prosperity-1924.html

朝礼ネタ NAVIページへ←朝礼ネタ 営業と販売(売れる商品を企画・アピール)
朝礼ネタ 営業と販売(売れる商品を企画・アピール)

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 朝礼ネタ 営業と販売(売れる商品を企画・アピール) | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます