朝礼の本と雑誌・教材・資料【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語

朝礼の本と雑誌・教材・資料【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 記事一覧

朝礼の本と雑誌・教材・資料【朝礼ネタ】



スポンサードリンク

朝礼ネタについては、ネット上にも多くのものが公表・配信等されており、朝礼関連のメールマガジンも多く存在します。パソコンやスマホで、朝礼当番のスピーチ直前にチェック、などということも可能な時代です。かたや、朝礼に関する雑誌や書籍も多くリリースされていて、こちらにも需要があることは確かです。

ネット上から朝礼ネタを拾う場合に比べて、本という現物を手にして朝礼ネタを学ぶ?ということは、朝礼に対する思い入れの度合いが違います。そこまですることはないのでは・・という思いの人も多いかもしれませんが、永きにわたり、結局は付き合っていくことになる『朝礼』です。思い切って、書籍や雑誌を手に入れてみることにより、新たな視点や感覚との遭遇があるかもしれません。

朝礼の雑誌

有名な朝礼をヘルプする雑誌を2誌ご紹介します。

コミニケ出版が発行する『月間朝礼』は1日1話形式の冊子。創刊29年とのこと。『企業を支える社員の仕事に対する心構え、豊かな人間関係を築くためのヒントをまとめ、「元気」「やる気」「勇気」を引き出すためのエッセンスが凝縮されています(月間朝礼発行趣旨より)』。使える資料となるでしょう。

『月刊朝礼』、読めば今日から人生が変わる
http://new.kominike-pub.co.jp/meaning-chourei.html

倫理法人会の推奨する活力朝礼では、「職場の教養」を朝礼のテキスト(教材)としてフルに生かすことによって朝礼の内容充実が約束されるとしています。但し、職場の教養は、倫理法人会会員に毎月無料で配布される冊子(非売品)であって、入手するには、倫理法人会に入会する必要があります。

社団法人倫理法人会
http://www.rinri-jpn.or.jp/index.html

朝礼の本(書籍)

朝礼の話材303例という朝礼ネタの書籍資料があります。

その他にも、朝礼に関する書籍は様々。『3分間朝礼話材―明日から使える(社員教育研究会)単行本¥1,470』・『1分で決める!朝礼の話材217(本郷陽二)単行本(ソフトカバー)¥1,470』・『どこでも使える!朝礼の話のタネ(本郷陽二)単行本(ソフトカバー)¥1,470』・『すぐに使える、そのまま使える!朝礼の話材280例(二木紘三)単行本(ソフトカバー)¥1,470』・『朝礼の話のタネ300例―どんな職場でもすぐに使える一日一話のヒント集(中村 昌男)単行本¥1,155』など。

朝礼ネタと朝礼のタネ

上記にご紹介の書籍に「どこでも使える!朝礼の話のタネ」というものがありました。朝礼ネタと言うと、どちらかというと間に合わせのイメージがありますが、自身の内部(心)に話材から得られたものを蓄積することで、様々なバリエーションのスピーチが出来るようになるのではないでしょうか。いわゆる、書籍や雑誌から朝礼ネタを探る作業は朝礼に一歩踏み込んで、自身の心に朝礼の種(タネ)を植えつけることになるのだと思いますがいかがでしょう。

朝礼ネタ NAVIページへ←朝礼の本と雑誌・教材・資料【朝礼ネタ】
朝礼の本と雑誌・教材・資料【朝礼ネタ】

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 朝礼の本と雑誌・教材・資料【朝礼ネタ】 | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます