スピーチのネタと安全スピーチについて | 安全スローガンと標語

スピーチのネタと安全スピーチについて | 安全スローガンと標語 記事一覧

スピーチのネタと安全スピーチについて



スポンサードリンク

スピーチのネタと聞いただけで緊張してしまう人がいるようです。スピーチは多くの人前でという意識がまず先行して、ネタにまで頭が回らないそうです。これではいくら良いスピーチネタを用意してお話をまとめても、話すこと自体が壁になって、全ては無用の長物になってしまいます。

私もホワイトカラーの時代には、話すこと自体に対する緊張というか抵抗がありました。しかし、ブルーカラーに転進してよりこのかた、現場の安全朝礼などに参加するうち、昔は何であんなに緊張いていたのか?率直に気楽に話せば良いではないかという心持になっています。

安全ネタは我が身に直結

安全スピーチのネタは我が身の安全に直結する事柄から生まれます。机上の空論ではなく、現実に我が身をさらす現場での事柄はリアルであり、同じ危険を共有する仲間がより身近に感じられてなりません。故に気軽にネタを選択できて、仲間に話すように話題化ができています(良し悪しはともかく)。そこには、人前での緊張という要素は微塵もありません。

1分間スピーチのネタと話題から

1分間スピーチのネタと話題と言っても、私が安全朝礼で話していることはまさしくこれに該当すると思います。意識はしていませんでしたが、時間は1分位で、その長さに合ったネタでの話しとなっています。3分間スピーチと言うと一考しなければいけないと思いますが、自分の場合、自らが行っている「1分間スピーチ」を原稿におこしてみて膨らませれば3分間スピーチになると思っています。安易と言えば安易ですが、難しく考える人には参考になるかと・・。

朝礼ネタや結婚式スピーチにも

朝礼ネタの話題化や結婚式のような場でのスピーチでも、ベースは1分間スピーチではないかと思います。1分間スピーチの経験の場があった私はこれをベースと出来たので幸いではありますが、切り口や内容や話す相手を考慮して、1分間スピーチを元にいくらでもお話は作れる。そう思えてなりません。特に結婚式のスピーチでは、禁句等への配慮は当然のこととして、スピーチを贈る相手の気持ちになって内容を考えることが必要だと強く思います。

朝礼ネタ NAVIページへ←スピーチのネタと安全スピーチについて
スピーチのネタと安全スピーチについて

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © スピーチのネタと安全スピーチについて | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます