安全スローガンと標語

安全スローガンと標語 記事一覧

朝礼ネタ 口コミ情報



スポンサードリンク

朝礼ネタに口コミについて触れる意義について考えました。

商品を実際に使ってみた人が、このように言っている。このことを「口コミ」と称して、特にネットショップなどで、盛んに商品の口コミ情報を配信しているのを見かけます。

楽天市場やヤフーショッピングやアマゾン等々では、商品購入者がレビューという名の「口コミ」がしやすいように、いろいろ便利なレビュー投稿の仕組みを作っています。また、ネットショップ側も口コミしてくれたらサービスを付けるとか、値引きをするとかのことを行っているのです。

口コミの信頼性

配慮がなされていて、「今、商品が着いたばかり。これから使ってみます」といった、およそ商品の評価にもなにもなっていない書込みすらあります。

その商品は買い得かどうか、という真実の評価とは程遠いものも、ネットショッピングの「口コミ」にはあるということです。仮に、悪意をもって「口コミ」されたら、それはまさに風評被害にまで発展するのではと思ってしまいます。

新しいものの評価は?

ただ、良い物は多くの人が購入しています。また、商品説明も丁寧です。口コミはあくまでも商品評価の一つの目安として捉えるべきではないでしょうか。

ところが、すでに売れているものの評価は良いのですが、話題の中で新発売となった商品については未知数と言わざる得ません。この場合、何を基準に商品購入の判断をすべきでしょうか。それは、販売店の信頼性ということになります。これまで良いものを継続して販売している店舗はそれなりに口コミで「販売店の評価」が下されています。

企業経営も同様です。いかに信頼を勝ち取るかに永続的な反映のカギがあります。一時的な荒稼ぎでは社会の信頼を受けることはできません。顧客のことを良く考えて、地道なサービスに徹し、これを継続していく。その中に、自他共の、また社会全体の繁栄もあるのではないでしょうか。

このような流れで、口コミを素材とする朝礼ネタにしてはいかがでしょう。

朝礼ネタ NAVIページへ←朝礼ネタ 口コミ情報
朝礼ネタ 口コミ情報

JUGEMテーマ:朝礼ネタ

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます