朝礼 ネタ | 安全スローガンと標語

朝礼 ネタ | 安全スローガンと標語 記事一覧

朝礼ネタと時事ネタの把握



スポンサードリンク

時事ネタを把握しておくことはビジネスマンの常識、とは良く言われます。朝礼のネタに時事問題を扱う人の話を聞いていると良く勉強しているなと思うことがあります。そのような人は常識あるビジネスマンと言えるのでしょう。すなわち、時事を良く把握してコメントできるようにしておくことが「時事ネタ」掌握ということになるのです。

ちなみに時事とは、現時点での社会的出来事、あるいは、その時その時(時々刻々)の出来事という意味。されど、日々、新聞・テレビなどで報道される時事ニュース膨大な量です。時に、終日テレビを見ていると、経済や事件などの各分野ごとに、繰り返しトップ報道される時事があり、この時事ニュースこそ、ビジネスマンとして把握しておくべきものなのではと思われます。

しかしながら、忙しいビジネスマンにとって、ニュースに接する時間はごくわずか。そのごく限られた時間で時事たりえる時事ネタをどう掌握するか。やはり、毎朝新聞に目をとおすことが一番でしょうか。

参考サイト:じじもん Scrum(スクラム)
http://www.jijimon.jp/

中学校で時事問題

最近ではどこの中学校でも中間試験や期末試験に、さらには高校受験に時事問題が出題されるそうです。各教科の学習内容は教科書で学習することができますが、時事問題は時の流れと共に意味をなさなくなるものもあります。なのに、何ゆえ時事問題を出題するのか?それは、社会への関心の度合いを見るためだと言われます。学校で教えられずとも、自らすすんで社会を知ろうとする姿勢が重要になってきます。社会人への門ともいえるかもしれません。

中間テスト・期末テストに出やすい時事問題
http://jukenin21cs.blog80.fc2.com/blog-entry-175.html

朝礼で時事ネタを披露するビジネスマンは、時事に関する知識を自ら調べて人前で話せるように料理しています。自ら学ぶ、自ら知識を求めるという能動的な姿勢こそ、社会人(ビジネスマン)に求めれるものなのではないでしょうか。

朝礼ネタ NAVIページへ←朝礼ネタと時事ネタの把握
朝礼ネタと時事ネタの把握

JUGEMテーマ:ビジネス情報

スポンサードリンク


-|-|-|-
Copyright © 朝礼 ネタ | 安全スローガンと標語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます